日本勤労者山岳連盟 佐久山の会

385-0004 長野県佐久市安原1367-12古川澄雄様方 TEL/FAX0267-65-7622 

sakuyamanokai@nifty.com

トップページ

活動記録 詳細

活動記録に戻る

会のあゆみ

1月13

15

甲斐駒ヶ岳

(南アルプス)

備考

 黒戸尾根登山口駐車場530分集合、日向山登山口まで尾白川林道を20分ほど車で移動、630分登山開始。9時前には日向山着。行程の半ばで敗退した3年前の山行時には眼前に八ヶ岳が広がっていた日向山だが今回はガスで遠望無し、そのまま通過し尾根筋を辿る。すぐにアイゼン装着。前回より雪が少なく、赤テープもしっかり付いており順調に進む。鞍掛山北側の小ピークを越えて大岩山への登りとなる。重い荷物に喘ぎながら高度を上げていく。3年前のテント場は12時ごろに通過し、大岩山頂上らしきところに14時ごろ到着。風がかなり強くなっている。少し下った鞍部が八丁尾根への大ギャップの手前と判断しテント場とする。1430分。雪交じりの風が吹き寒い。翌日の偵察とトレース付けから戻った2名から、大岩山山頂はさらに1時間ほど先と知らされ、通過してきたのは大岩山手前の小ピークだったようだ。

114()

 430分出発。1時間ほどで大岩山山頂。左に回り込むように下ると大ギャップの上部に出る。200mほどの下降だ。鎖とロープが設置されており、簡易ハーネスを作りカラビナを鎖にとおして安全確保しながら慎重に降りる。垂直の岩壁にはしっかりとした梯子が設置されていた。大ギャップの通過に1時間、630分には下部のコルに降りる。ここから烏帽子岳へと続く日向八丁尾根に取付く。延々と続く尾根、次第に雪が多くなり、雪交じりの強風が吹き付ける。赤テープも徐々に少なくなりルートのはっきりしないところもあり。最後尾でひたすら先行者の足跡をたどった。いくつもの崖を越えて烏帽子岳の頂上へ着いたのは1430分頃か。三ツ頭への鞍部付近でテントを張るか、6合目石室まで行けるかの判断で、とりあえず三ツ頭まで行って決めようとなった。三ツ頭へはあっさりと着き石室へ向かう。期待したトレースは全くなく、雪は深く風は強い。頑強な若者2名のラッセルで、暗くなる前に石室到着。動く元気もないくらい。風雪がしのげる小屋の中で快適にテントを張ったが、ものすごい寒さ。それでも疲れた体を休ませることができた。

115日。

 330分起床、6時出発。稜線に出ると強風にあおられ、踏ん張って歩かないと進めない。遠望はできないが高曇りの感じで回りの景色が全く見えないわけではない。3年前に大岩山方面から見えた甲斐駒山頂付近は雪煙があがっており、かなりの強風で歩けないくらいだろうと言われていたので、稜線の強風は覚悟していたが、それでもすごい。昨年11月に鋸岳へ来た時に通った稜線であるが、雪に埋もれていることもあり、ほとんど記憶が無い感じ。鎖の付いた岩壁を登る時と、岩を迂回するために切れ落ちた斜面をトラバースする時は超緊張した。Iさんのすごさを改めて感じた。へとへとになりながら9時には甲斐駒ケ岳頂上へ到着。嬉しかった。天気も回復気味で風も収まってきた。しばし休憩し黒戸尾根を下る。トレースを期待したが誰も登った形跡がなく、道しるべを頼りに若者MさんとUさんのラッセルのあとを喘ぎながら下る。天気は回復したが、雪は黒戸尾根の方が多い。七丈小屋へ12時到着。へばってしまい、テントをUさんに背負ってもらう。ここからトレースが付いていた。七丈小屋まで来たが強風のため引返したのだろうとのこと。梯子や鎖が次から次へと出てきてつらい。荷を減らしてもらったが、Mさんのスピードについていけない。五丈小屋址で小休止、黒戸山の裾を登り気味に延々と巻いていく。ひたすら先行者を追いかける。駐車場がはるか下に見えるようになってもなかなか着かない。黒戸尾根は長いとは聞いていたが長すぎるし、いろいろありすぎる。金輪際登りたくないなどと思っているうちに、1720分ごろに駐車場へ戻ることができた。同行して下さった皆さん、いろいろ迷惑をかけました。無事帰ることができて良かったです。ありがとうございました。

 写真を撮る余裕は全くありませんでした。いただいた写真を添付します。黒戸尾根下山中の最後の休憩時かと。顎を出してくたばっている者もおります。右ほおが凍傷で黒くなっています。いい男が台無しだ。

 

会員・会友

リンク

長野県勤労者山岳連盟

 

日本勤労者山岳連盟

 

しらびそ小屋(八ヶ岳)