日本勤労者山岳連盟 佐久山の会

385-0004 長野県佐久市安原1367-12古川澄雄様方 TEL/FAX0267-65-7622 

sakuyamanokai@nifty.com

トップページ

活動記録 詳細

活動記録に戻る

会のあゆみ

64

6

剱岳

備考

 

 

64日、扇沢始発730分のトロリーバスに乗る。客はそれほど多くなく、順調に乗継ぎ855分に室堂に到着。5人参加予定だったが1名欠席となり、平均年齢65歳超のオヤジパーティーとなった。

初めての室堂は、道路が整備されており観光地だ。

雪のない登山道を、人懐こい雷鳥に挨拶しながら地獄谷方面へと進む。


 

雷鳥平へ下るあたりから雪渓となる。これから登る雷鳥沢が眼前に広がる。


 

雷鳥平のテン場を過ぎ、橋を渡って雷鳥沢下部で休憩。歩いてきた室堂方面を振り返る。


 

雷鳥沢を左寄りに、急斜面を喘ぎながら登る。ほとんどが春スキーの人たちで、登山者は見当たらない。別山乗越へようやく辿り着き、室堂方面を振り返る。地獄谷が見える。


 

劔沢テン場への下り。明日の劔岳をバックに記念撮影。急峻な源次郎尾根に不安がよぎる。


 

テン場へは1330分ごろ到着。小屋少し手前の、小高い雪解けした場所へテントを張る。

他のテントは、小屋前に、一般登山客2張と、富山県警救助隊の大型テントが2張のみ。

水が出ていないとの情報だったが、水場の流しに雪解け水がいっぱいたまっていて利用できた。翌日に備え、ささやかな宴会で早めに就寝。


 

65日、2時起床、4時出発。夜に小雨がぱらついたが、天気は曇りで劔岳は見えていた。

写真を撮る余裕がなく、以降は竹上氏撮影のもの。

劔沢を快適に下り、源次郎尾根末端左側の雪渓に取付き登る。雪が少ないとのことですぐに雪渓が切れてしまい。左側のガレた急斜面をロープを出してもらい登り、切れた雪渓の上段に出る。雪渓を行かずに、左側の夏道らしき子尾根を藪漕ぎをしながら登る。子尾根の上部で本尾根に取付く。以降岩稜登攀となる。写真はT峰手前あたりでの休憩か。天気も回復し風も無く登山日和となる。八ツ峰の眺めが素晴らしかったと思うが、ゆっくり景色を楽しむ余裕なし。


 

T峰を越えU峰に達し、30mの懸垂下降。小川山でのトレーニングの成果か、何とかクリア。以降はアイゼンを装着して急峻な雪渓を頂上へと向かう。足を滑らすと下まで落ちてしまいそうで、先行者の足跡を緊張しながら慎重に辿る。


 

目の前の雪の山を右から回り込んで登る。上部に竹上さんが待っていて、頂上はまだですかと尋ねると、もうすぐそこだとのことでホッとした。


 

あこがれの劔岳頂上へ1030分到着。

平蔵谷を登った1パーティーは既に下山したようで、一般登山者はいない。

富山県警救助隊が、各方面から、ルート確認と訓練を兼ねて登ってきているようで、交信をしていた。

 

北西側から霧が上がり始めていたので、11時前には早々と下山開始。

平蔵谷下山をやめ、登り返しの少ない別山尾根を下る。鎖やハシゴが整備されており、それほどの恐怖感なく降りる。前劔を過ぎたあたりで休憩。眼前に急こう配の行く手が見え、降りられるのかと心配したが、恐怖におののくこともなく思ったより短時間で一服劔へ到着。以降剣山荘に向け雪渓をトラバース、高度を落とさぬよう等高線に沿って劔沢へ入る。1330分にテン場へ戻る。ゆっくりとささやかな宴会。

 

665時起床、6時出発。扇沢を登り返し別山乗越へ。帰りは雷鳥沢を直に下る。雷鳥平テン場で休憩したのち雪渓を直に登り登山道へ出て室堂へ。約3時間、ヘトヘトになりながら室堂着。大勢のツアー客とすれ違いながら立山黒部アルペンルートを扇沢まで下り、無事山行が終了した。

 

 

会員・会友

リンク

長野県勤労者山岳連盟

 

日本勤労者山岳連盟

 

しらびそ小屋(北八ヶ岳)