日本勤労者山岳連盟 佐久山の会

385-0035 長野県佐久市瀬戸1575-3 TEL/FAX0267-62-5742 

sakuyamanokai@nifty.com

トップページ

活動記録 詳細

活動記録に戻る

会のあゆみ

2016年

12月29日~2017年

1月2日

農鳥岳北東尾根

(南アルプス)

備考

 

1229日夜叉人峠駐車場出発。林道を1時間ほど歩き鷲ノ住山を発電所へ下ります。

 

 

荒川を遡ります。発電所関連で道路が整備され迷うことなく快調に進みます。池山沢を右に分ける頃から沢の渡渉が始まります。  

 

砂防提も越えます。

三ツ瀑手前で右斜面へ高巻いて、三ツ瀑上部で1泊目。

 

 2日目。荒川本谷の水量が多く渡渉できないため、尾無尾根に取付き、本谷と農鳥沢出合の直前で、急斜面をロープを出してもらい本谷へ降ります。

流木を引き寄せて、アイゼンを付けて渡渉。まもなく農鳥沢出合へ。

 

北東尾根に取付きます。最初から急斜面を慎重にのぼり、気を抜けない尾根筋を藪漕ぎをしながら必死に進みます。写真を撮る余裕はありません。尾根はラクダのコブのように波打って続き、急斜面は左右に避けながら尾根を詰めます。雪はほとんどなく、飲料用の雪が取れるようになるまではテントが張れません。2,200メートルを超えるとなんとか雪が取れるようになり、15時頃に幕営地を選び2泊目。

 

 3日目。テントを撤収し4:30出発、シャクナゲの藪を漕ぎながらひたすら尾根を詰めます。10時過ぎには尾根のピークに到達。2年前の偵察で確認した場所で、ここにテントを張ることにしました。翌日はここから農鳥岳を往復します。

 テント設営組と翌日のルート偵察組に分かれて作業をします。

 山行5日間とも快晴で、ここから真西に農鳥岳がはっきりと確認できます。偵察は、農鳥岳に向かう尾根筋を、アップダウンを繰り返しながら農鳥岳取付き部まで下ります。空身で30分ほどルートを付け、2年前の偵察時に達していたあたりまで進みました。2年前はガスが掛かっており、周囲が全く確認できませんでしたが、今回は手に取るようにルートの確認ができます。その結果、今回のルートは、2年前の偵察時から地図との違和感があったのですが、北東尾根ではなく、農鳥沢手前の、アスナロ沢と農鳥沢の間の尾根を詰めていたことが判明しました。テント場のピークは、大唐松山から農鳥岳へ続く大唐松尾根上のピークでした。テント場からは大唐松尾根を往復することになります。

 北東尾根は、農鳥岳へスラリと伸びるきれいな稜線で、距離・傾斜度ともに今回の尾根より易しくみえます。

 12時ごろテン場へ戻り、翌日の登攀に備えゆっくりと体を休めました。

 テントは丁寧に快適に設営してもらってありました。

 

4日目。4:10出発。前日の踏み跡を辿って偵察場所まで約1時間。以降は暗い中をリーダーを先頭に尾根を進みます。厳しい箇所がいくつかありました。約1時間で農鳥岳へ続く雪原に取付きます。7時少し前には富士山の左肩から初日の出です。背後から初日の出の光を受けながら登ります。

 

 滑落しないよう慎重に進みます。ヨタヨタではありません。時折雪煙が渦を巻いているのが見えます。

 

 農鳥岳稜線に出ると西からの強風で歩けません。頂上は目の前ですが吹飛ばされる恐怖で足がなかなか出ません。

リーダーから、両足を広げて踏ん張って歩くよう指示があり、これで少し落ち着きました。

8:38だったと思いますが、全員農鳥岳山頂に到達。嬉しかった。

 

 稜線東側の斜面で、風をよけてしばし休憩、下山。写真はスキップしているわけではありません。左側に見える尾根が帰る道と思われます。

 

 帰路中ほどの見晴らし場所で、農鳥岳をバックに記念撮影。

 12時にはテン場へ帰着。8時間の行程でした。ゆっくりと喜びを分かち合い、最後の宿泊。

 

 5日目。2時起床、4:30出発。1日で駐車場までたどり着かねば。ひたすら下る。写真は本谷への最後の急斜面。ここまで約4時間。

 

 すぐに渡渉できなくなり、急斜面を尾無尾根へ取付く。

 

 

ロープ確保してもらい本谷の上部へ。ザックが重く息が切れる。ここから右寄りにトラバースして尾無尾根の稜線へ出て下る。

 

 危険個所が無くなり、往路をひたすら戻ります。

 12時頃には発電所まで戻り、最後の難関鷲ノ住山を登り返します。苦闘すること2時間、林道に出ます。駐車場へは330分までに全員帰着、無事山行が終了しました。

 5日間ずっと天気に恵まれ、その割には朝の冷え込みがなく、素晴らしい気象でした。

 厳しい山行でしたが、また一つ自信がついた気がします。メンバーの皆さんありがとうございました。

 

 

会員・会友

リンク

長野県勤労者山岳連盟

 

日本勤労者山岳連盟

 

しらびそ小屋(八ヶ岳)